グルーガンの解説 - グルーガン・グルースティックの(株)テクノス

TEL 04-7132-0224

teaser1

グルーガンの解説

構造

ヒーター

種類 特長 欠点 主な用途
セラミック 構造が簡単、安価、電源電圧が100~200Vの広範囲で使える、温調器不要、温度変化が少ない。 ハイパワー化が出来ない、電圧を変えても温度は変わらない。強い衝撃で割れることがある。 ホビーなどの軽作業用。
ニクロム線 高価、温調器が必要。
大型化、高温化が可能。
電圧によって温度も変わる。ハイパワー化が可能。
温度調節器が必要。
安全用に温度フューズが必要、構造が複雑になりその分故障も増え価格も上がる。
工場での連続作業用に。

※セラミックヒーター・PTCヒーターとも呼ばれる。
特殊な粉末を、長方形に成形し、高温で焼き固めてその両面に電極を取り付ける。
セラミックの電気抵抗によって、発熱する。
温度の上昇に伴って抵抗値が上昇する、すると電流は減少して、発熱量も減少するので温度の上昇が押さえられて温度が一定になる。

溶かす

アルミダイキャスト製の本体 (アルミタンクと呼ぶ) にヒーターを取り付けて加熱し、本体の中に挿入されたグルースティックを溶かします。

内部の先は良く溶ける構造にしてあります。
スティックは周りから中心に向かって溶けていきます。
溶かす能力は本体の長さと内部 構造、及びヒーターのワット数によって変わります。

押し出す

グルースティックの後の固い部分を持って押すと、溶けたグルーが先端部から出てきます。 
溶けたものを押し出すのであって、溶かしながら押し出すのではありません。
これを誤解している方がおられます、出なくなると一生懸命引き金を引きます。
周囲は溶けていて も中心部は十分に溶けていないので、ノズルで止まり、周囲の溶けたグルーは行き場がないので、後へ出てきてシリコンスリーブで固まってしまい、動かなくなります。
するとノズルが詰まった、故障したと言って来ます。

商品紹介

お客様のニーズに合わせた、商品開発・設計を致します。 お気軽にご相談下さい。  TEL:04-7132-0224 FAX:04-7132-0298 

メールでのお問い合わせ