自動塗布機 - グルーガン・グルースティックの(株)テクノス

TEL 04-7132-0224

自動塗布機

自動塗布機

ホットメルト自動塗布機

ホットメルトアプリケーターシステムは、数リットルから数10リットルの容量のタンクで、ホッメルト接着剤を溶かします。
溶けたホットメルトはポンプでタンクから汲み出して送り出す装置です。
送り出す方式には、大きく分けて次の3種類あります。

タンク加圧方式

タンクに直接圧縮空気で圧力をかけて押し出すもので、タンク容量の小さなタイプに適します。
簡便で手軽に使えて安価に出来ます。

MA750型

MA750型

特長:卓上型(台が高いのもあります。)

1.タンクにホットメルトを入れて蓋をします。そして圧縮空気で加圧します。
2.タンクには高性能な自動ガンが取り付けられており電磁弁で動作をします。
3.フートスイッチを踏むと自動ガンが働いて、ノズルから溶けたホットメルトが出てきます。
4.出る量はフートスイッチを踏んでいる長さと、タンクの空気圧、ノズルの穴径で変わります。
5.MAX5秒のタイマーがありますので、タイマーで塗布時間を制御出来ます。
6.タンク容量:約1L
7.電源:AC100/110V、1KW/H
8.溶融温度:常温からMAX200℃可変

外形寸法図はこちらをクリック>>


ギヤーポンプ方式

二個のギヤーを噛み合わせて回転させてホットメルトを送り出します。
構造が複雑になりますが、高い粘度迄対応出来るのと、連続塗布が出来ます。最高20.000CPS程度迄。

HG103型

HG103型

小型ギヤーポンプ式

小型で扱いやすいギヤーポンプ式
●タンク容量:約3L
●ホース及び自動ガン又はハンドガンを1セット取り付け
●電源:AC200V、単層、1KW
・寸法:600Hx350Wx250Dmm


※架台及びホース・ガンは含みません。

HS1102型

HS1102型

ギヤーポンプ方式。タンクの底にギヤーポンプを設置して、それを電動モーターで回転します。

1.タンク容量:約4L
2.タンク温度:常温から200℃
3.ホース、自動ガン取り付け台数:最大2セット迄
4.電源:単相AC200V/220V、5Kw/Hr

ピストンポンプ方式

水鉄砲に似ていて、溶けたホットメルトを吸い上げて押し出します。
ピストンの上死点と下死点で少しの息継ぎがあります。最高粘度8,000CPS程度迄。

HS1104型

HS1104型

ピストンポンプ方式。タンクの中へ空気圧で作動するポンプ を設置します、ピトンポンプはタンクと一緒に加熱されます。

1.タンク容量:約4L
2.タンク温度:常温から200℃
3.ホース、自動ガン取り付け台数:最大4セット迄
4.必要空気圧:Min;5kg以上
5.電源:単相AC200/220V、4Kw/Hr

付属品

ポンプ式には下記の付属品が必要です。

ヒーターホース

ヒーターホース

タンクで溶かしたホットメルトを、そのままの温度に加熱保温します。
温度はアプリケーターで設定します。

長さは使用環境に合わせて、1.2,1.8,2.4、3.0、Mが ありますが、その他の長さも製作出来ます。

MA-2F型自動ガン

MA-2F型自動ガン

ホースを通って送られたホットメルトはこの自動ガンに供給されます。
自動ガンは電磁弁で空気制御されます。
外部からの信号によって、電磁弁が作動し、ガン内 部のバルブが開きホットメルトが出てきます。
ガンの先端部にはノズルが取り付けられており、この穴径で塗布量が制御できます。
穴径は0.2,0.3,~1mmぐらいの小さなものが使われます。
穴が2個~4個のノズルもあります。

 

get_adobe_readerPDFファイルをご覧頂くには「Adobe AcrobatReader」が必要です。(無償)
「Adobe AcrobatReader」のダウンロードは右記のロゴをクリックして下さい。
※ Acrobat Readerは、米国アドビシステムズ社の商標です

お客様のニーズに合わせた、商品開発・設計を致します。 お気軽にご相談下さい。  TEL:04-7132-0224 FAX:04-7132-0298 

メールでのお問い合わせ